サウンドバーってなんなんだ

サウンドバー

音楽は今までコンポで鳴らすもんだと思ってたんですが、最近はすごいですね。

サウンドバー購入までの経緯


・音楽の聴き方
音楽の聴き方には諸説ありますが、僕は外ではもっぱらiPhoneで聴きます。
家の中では、寮や実家にいた頃はPCに外部から繋いだBOSEの小さいスピーカーで聴いてましたが、部屋も広くなったし、今後はソファやベッドで聴くことが多くなりそう。

・テレビの導入
今までテレビ無しの生活だったのですが、最近のテレビはyoutubeも見れるんですね!未来!
ということでテレビ買いました。SHARPのAQUOSの32インチ。とりあえず音ショボい。

・ブルーレイプレーヤーの導入
Perfumeのブルーレイなど、今までPC(mac)のretinaディスプレイで見てたんですけど、テレビの方がデカイしテレビで見よう!ということで購入。でもテレビの音がショボい。

この3点を同時に解決してくれるのが、サウンドバーです。

・iPhoneとの接続→bluetoothで接続
・テレビとの接続→HDMIで接続
・ブルーレイプレーヤーとの接続→HDMIで接続

ちなみに今回初めてHDMIというものを知りました。3色コードより断然情報量が多くて劣化が少なく、音質も画質もいいんですね。

数ある中から、ヤマハのYAS-107にしました。

なぜヤマハか


ギターには好印象しかないし、家用のギターアンプがヤマハだし、シブくていいなと。見た目もシュッとしてるし。価格は22,000円くらい。

同価格帯には、Panasonicや、ちょっと高いけどBOSEのがあったけど、前者は「スピーカー得意なのか?」という印象だし、後者はこれまで使って「低音出すぎ!」ということで除外。

レビューしっかり見て、ヤマハに決定。実際使って見て、大満足。音は非常に良いです。

リモコン

これはリモコンですが、

・声をハッキリ聞こえさせるクリアボイスモード
・映画などを鑑賞するサラウンドモード
・低音を強調するバスエクステンション
などがあってすごい。サブウーファーは別売りです。

いいところ:各デバイスの切り替えがスムーズ


一番すごいのがこれ。
テレビをつければサウンドバーも同時にオンになるし、ブルーレイプレーヤーを起動すればすぐにサウンドバーから音が出る。
サウンドバー単体で電源を入れたり、ブルーレイプレーヤーに接続を切り替えたりする必要がないのが最高に楽。

唯一の欠点は多少重くてデカいところ。あんまりサイズとか気にせずにポチったので、荷物受け取った瞬間びっくりした。まあテレビ台に乗ったので良かったです。

非常に満足です。無敵感がすごい。


7/3に新型が出てますね。


Panasonicのはこれ。



BOSEのはこれ。

余談ですが。

JPT1

bluetooth送受信器


自分のバンドがカセットで音源を出していたり、周りでもカセットやレコードで音源を出すバンドが多いので、テープレコーダーとレコードプレーヤーは持っています。

インテリアとしても見た目が好きで、今後も使いたいなと思っていました。よく見るとどちらもイヤホンジャックはある。

「bluetooth送信機があれば、サウンドバーと接続できるのでは?」

てことで、Amazonで調べていたらジャストな商品を発見。よく見たら受信機にもなるから、スピーカー側にも接続できるのでジャストどころかオーバースペック。便利すぎるので即買い。

テープレコーダーやレコードプレーヤーについてる小さい(たまに音出ないし)スピーカーではなく、bluetoothを介してサウンドバーという現代の英知の結晶からカセットやレコードの音が出るのでもはや何時代かわかりませんが、大きな音で聴けるのはいい。アナログ感は普通にあるし。

使用上の注意点としては、iPhoneとかのbluetoothがオンになってると、サウンドバーがそっちを優先して拾っちゃうので、使用前にiPhoneのbluetoothは切りましょう。

関連記事
Posted byごっち

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply