バターチキンカレー作った

料理楽しいなおい!昔から友達がうちに泊まりに来たとき、夜食でチャーハン作ったりしてたので、料理自体は好きです。

なんなら父親も今の会社がなければ料理人になりたかったって言うし、じいちゃんから卵焼きづくりを教えてもらって、将太の寿司とか見ながら研究してたし。ということで、最近は料理環境を整えて、暇なときに色々作ってます。

今回はスパイスから作るバターチキンカレーだ!

 

スパイス買った

今回の主役、スパイスです。どこに売ってるかわからないので、Amazonで買いました。何事も形から入りたいので、セリアで瓶を買って、入れました。

左からガラムマサラ、クミン、コリアンダー、ターメリック、辛子です。ちなみに、ダイモのテープライターでラベルも作りました。これ一個あると、他にもラベル作り放題なんであると便利。
さらに、マメなので瓶の密閉性が気になり、こういうのを入れておきます。珪藻土スティック。

その他材料

  • 鶏肉好きなだけ
  • 無糖ヨーグルト200g
  • 玉ねぎ1個
  • トマト缶300g
  • ウスターソース適量
  • バター好きなだけ
  • にんにくチューブ好きなだけ
  • しょうがチューブ好きなだけ

です。これで4食分くらい。

 

作るぞ

まず鶏肉とヨーグルトとスパイスをボールに入れて混ぜます。スパイスは、ターメリックベースに辛子以外を各種トータル小さじ6杯くらいになるようにします。辛子は最後にお好みで調整するのでまだ入れません。このまま放置して玉ねぎを炒めます。
フライパンにオリーブオイルを引いて加熱、ニンニクチューブを好きなだけブチ込んで、ニンニクの香りづけ。そのあとに玉ねぎを投入。キツネ色になるまで炒めます。結構時間かかる。キツネ色になったら、トマト缶を投入します。しょうがチューブもこの時好きなだけ入れます。
このままだと酸っぱいので、水分をある程度飛ばすためにまたしばらく炒めます。これも結構時間かかる。水分が飛んだら、ヨーグルトに漬けた鶏肉を投入します。
バターを好きなだけ入れて、鶏肉が煮えるまで煮込みます。ある程度煮込んだら、ウスターソースと辛子、あと塩を入れたりしながら味を調整します。できた!ごはんもおしゃれなヤツを炊きました。

まとめ

めちゃくちゃうまいです。家でこんな本格的なカレーが作れるのか…!隠居したらカレー屋を初めてみるのもアリかもしれません。
ただ、辛子の入れすぎには要注意。何ロットか作りましたが最初の方は入れすぎて、クーラーかけてても頭の毛穴から汗が吹き出ました。

カレー粉のカレーに飽きたら、スパイスからカレーを作るのアリです。そもそも色々混ぜて作ること自体が楽しい。僕トマト嫌いなんですが、カレーにしたらめっちゃおいしく食べれるっていう。化学反応。