ボトルブレンダーでおいしいコーヒーを淹れつつ、お好み焼きを焼こう

購入の動機としては、「豆から挽いたおいしいコーヒーを飲みたい」だけだったのですが、思いの外いろいろ使えるヤツでした。

手で挽くやつでもよかったんですが、それだとコーヒーにしか使えないんで。

 

豆挽くぞ


ブツです。

 

ボトルとフタはこのような。白い土台にセットして、上から押さえつけたら回転し、粉砕できるという簡単な構造。フタに刃がついてるので、洗い物も楽です。

 

豆を用意します。これは広島出張中に街ブラしてたら見つけたコーヒー豆屋で購入しました。店員のおばちゃんに「コーヒー豆のこと何もわからないんですけど、カフェオレが好きです」って丸投げしたら、オススメされた豆です。カフェオレ向けらしい。

 

セット!さあ、19ぜ!

 

粉砕。

 

粗挽きとかよくわかんないけど、とりあえずいい感じに粉になってる。挽く時間で多少調整できると思います。

 

まずは素材の味を楽しむためにブラックで。やはり挽きたてがうまい。ちなみに、コーヒーメーカーはCHEMEXというところの。フラスコみたいでかっこいい。気に入ってます。おばちゃんオススメのカフェオレも美味しかったです。

 

お好み焼き焼くぞ


他にも使えるのでは?ということで、やってみました、お好み焼き。広島風はキャベツが蒸し野菜みたいになるのがイヤで、いくらPerfumeがオススメしてきても僕は関西風だ。

 

トッピングのソース、マヨネーズ、青のり、鰹節以外の材料は

  • キャベツ切ってあるやつ100gくらい
  • 天かす適量
  • 小麦粉100g
  • 山芋このくらいのサイズ
  • 剥きエビ適量
  • 豚バラスライス適量
  • ほんだし顆粒5g
  • 卵2個

これで直径15cmくらいのお好み焼きが3枚くらい焼けます。あ、とろけるチーズはトッピング用ですね。

 

ブレンダーを何に使うかというと、山芋です。

 

皮をむいて、ボトルに入るサイズに切ります。

 

セット!さあ、19ぜ!

 

うおお!

 

激しくトロついております。ちなみに入りきらなかったので2回に分けて粉砕しました。あとは、豚バラ以外をここにブチ込んで、混ぜるだけ。山芋の水分があるので、水は不要です。

 

焼きます。キレイに丸く焼きたいので、ロッジのスキレットで焼きました。

 

ひっくり返します。

 

完成。最高。チーズ乗ってるかわかんないですが、乗ってます。そして完全にうまいです。

 

スムージー作るぞ


さらにもっと活用してやるぞ!ということで、スムージー作りました。むしろこれが一番正しい使い方ですね。写真はもうめんどくさいので最終形態のみ。

 

ビジュアルは完全に山芋と変わりませんが、材料は

  • 無糖ヨーグルト適量
  • 牛乳飲みたいだけ
  • バナナ1本
  • はちみつ好きなだけ

です。夏なら氷も一緒に入れると、よりシャキシャキした食感になりそう。ヨーグルトを高速回転してるからか、空気を含んでめっちゃクリーミーでフワフワな飲み物になります。

ちなみにこれ、持ち歩き専用の刃のついてないフタもついてるので、カバンに入れて持ち歩くこともできます。なんなら山芋も持ち歩けます。

コーヒーミルが3,000円くらいすることを思えば、ほぼ同じ値段でこんな多機能なブレンダー、素晴らしい。

以上です。