10年前に作ったサイトがまだ使われていてなんかグッと来た

立ち上げ

2009年、もうすぐ春を迎えようとするころ、僕は頭を抱えていた。

 

 

「なんでうちのサークルのホームページは掲示板しかないんだ…」

 

 

僕は軽音サークルに所属していたのだが、当時ガラケー(笑)で見れるサークルのサイトが連絡掲示板しかなく、とにかく見づらかった。すべての連絡がここで行われるから、情報がゴチャゴチャしすぎていて、それによって起こる問題もあったように思う。

 

一応部長を務めていたこともあったので、「僕がホームページ作っても誰も文句言わないよな?(勘違い)」と思って、ホームページの作製に着手したーーーーーーーーー。

 

あのサイトまだ使われてるのか

時を経て10年後の2019年年明け、暇だなと思ってふと「東北大学 F研」で検索してみたら、当時作ったサイトがまだ使われてた。

 

正直スマホじゃ見づらいし、デザインがダサいし、「誰かそろそろスマホユーザーにフレンドリーなサイト立ち上げろよ!暇だろ!」と思ったけど、同時になんかグッと来た。

 

ただのサイトをウェブサービスと呼ぶにはおこがましいけど、このご時世数々のサイトやウェブサービスが生まれては使われなくなっているのに、僕が作ったものが10年も使われるなんて。いやまあ、使いづらいなと思いながら使ってくれてると思うんだけど。

 

当時は今以上にcssはおろかhtmlの知識なんてなかったけど、ガラケー用バンドのホームページを作ったことはあったので、当時のできる限りを尽くしたと思う。

 

コンテンツ

  • 機能的観点
  • 定期演奏会やイベントがわかるスケジュール機能があったほうがいいな
  • 部室を使わないバンドと使いたいバンドが情報を共有できる独立した掲示板があったらいいな
  • サークル特有の慣習をマニュアル化しておきたいな

エンタメ的観点

  • 雑記ブログ書いてほしいな
  • 思い出を写真として共有する写真館あったらいいな
  • おもしろいヤツの発言を記録しておく名言集がほしいな
  • 音楽に関係なく、好きなものをレビューしてほしいな

 

を考えて、それぞれ用意した。

 

コンテンツだけ見れば、我ながら洗練されたコンテンツを用意したなと思う。笑
「これはいらんやろ」ってコンテンツ消してもいいし、「これやったら面白そう」ってのがあれば増やしてもいいのに、まるごと残ってるし。うれしい。

 

今ならどうするか

こういう団体の(それこそ会社とかの)サイトってブログサーバーで作ってしまうとなかなか使いづらいんですよね。ブログみたく記事を上げるだけじゃないし。当時もFC2かなんかで作ろうとして、使いづら過ぎる!と思った記憶がある。

 

そういうの作るにはどういうサーバーがいいのかなと思って調べたら、WIXというのが出てきた。

立ち上げ何だこれ、めちゃくちゃホームページ作りたくなってくるやん…。

 

今見たら学内の他の軽音サークルはまだどこも手を出してないぞ!F研の後輩、立ち上がれ!

 

試しに他大学の軽音サークルのホームページを覗いてみたら、確かに慶応とか早稲田とか、関東圏のサークルはtumblrやjimdoなどを使っていて、進んでいるなと感じました。笑

 

F研の後輩、立ち上がれ!

まあ一人でイチから作るの死ぬほどめんどくさいんですけどね。笑

 

そもそもサイト綺麗に作って集客してデカいサークルにするより、少数精鋭でやるのがいいと思ってるサークルだと思うし(当時の思想が残っていれば)、真面目にバンドをやる気がない学生をスクリーニングする意味では、逆にこの使いづらさがちょうどいいのかもとか思ったり。笑

 

目的次第だなと。