食堂マルシンに触発されて生姜焼きとポテサラ作った

全てはここから始まりました。と言ってもついこないだですが。

関連記事

偉大な先輩でもあり、現Back To Basicsのギターボーカルを務めるシンタロウさんが始めた「食堂マルシン」に行ってきました。 場所は京阪線の神宮丸太町駅から東に歩いて10分くらい。熊野神社の正面、道渡ってすぐです。 食堂マルシン […]

豚の生姜焼きとポテサラうまかったな~と。作ります。

豚の生姜焼き

豚ロースです。生姜焼きのタレが付属していますが、こんなものは使いません。タレから作って、肉をつけて一日寝かせます。

材料は

  • 料理酒
  • みりん
  • 醤油
  • 意識高そうなはちみつ(砂糖がないので)
  • しょうがチューブ

を適当に配合して、プロテインシェイカーでシェイク!自分のバンドで「再現性はどうだ?」などと歌っていますが、俺の料理に再現性はない。味見していい感じだったらオッケー。

次に玉ねぎを切ります。

いい感じの耐熱容器に玉ねぎを半分敷きます。耐熱容器である必要はなく、サイズがいい感じだったので。

玉ねぎの上に肉を。

さらにその上に残りの玉ねぎを乗せます。玉ねぎと豚ロースのサンドイッチや!

先程調合したタレをぶっかけたところで、「もったいないから付属のタレとブレンドしてしまおう」と気が変わったので、付属のタレもかけて冷蔵庫で一晩寝かせます。

よく考えたら玉ねぎで肉を挟む必要はなかったかな。

翌日です。ごま油を垂らして焼きます。

幸せの匂い。焼けたあとの写真は撮り忘れました。

ポテサラ

とりあえずゆで卵を4つ作ります。これ便利。電子レンジでゆで卵作るやつ。ほっとけばゆで卵ができます。

600Wで8分30秒で半熟でした。ちなみに4つ同時に作れるタイプもあるんですが、そっち買っとけばよかったなと少し思います。

電子レンジにゆで卵を作ってもらってる間に、じゃがいもを茹でます。新じゃが。ポテサラの規模感がわからないのでとりあえずじゃがいも3つ。表面の土を洗い流します。

水から茹でます。「土の中の野菜は水から、土の上の野菜はお湯から」茹でるのが料理クラスタの常識らしいので、従いました。

そうこうしてたらゆで卵ができました。4つ。

皮を向いて燻製します。なぜなら燻製の魅力に取り憑かれているからです。チップはいつまでたってもなくならないヒッコリー。

熱燻で20分くらい燻製します。

できました。エモい色。

茹で上がったので皮を剥いてやりました。ピーラーなくてもスルスル剥ける。

マッシュします。オラオラ!

燻製ゆで卵投入!オラオラ!

マスタードとマヨネーズ、塩コショウも投入し、ウリウリ!

で、ここで食堂マルシンのように鰹節風味を加えたいなと思い、1袋あった鰹節を投入するも違う…。「ほんだしか!?」と思って顆粒のまま5g入れたけど違う…。「割烹白だしか!?」と思いビシャビシャと投入するも違う…。

この「違う」という違和感は、ただ単純に量が足りないのか、マスタードの洋風臭が強すぎてかき消されてるのか、結局わからず。

気を取り直してきゅうりと、こないだのつけ麺製作で余って冷凍してたチャーシューを投入。完成!役者が揃いました。

食おう

こんな感じになりました。突如現れたおくらサラダはファミマのものです。生姜焼きの箸休めに。

ちなみにポテサラはパーティーできるくらいの量ができたので、実家におすそ分けしました。じゃがいも1個でよかったな。

食堂マルシンの味はもちろん再現できませんでしたが、1日寝かせたせいか豚生姜焼きの旨さすごかったし、燻製ゆで卵のおかげでポテサラも爆香りで、トータルで大満足。

そして、また食堂マルシンであの生姜焼き定食食べたくなりました。

以上です。

関連記事

前の職場の時、先輩の家に招かれてごちそうになった燻製がうますぎた。 「家でこんなんできるんだ…!燻製うますぎじゃね?」確かサバとかステーキとかししゃもを頂いいたような気がする。 燻製やってみた …あれから4年の月日が流れ、ついに燻製[…]