ローカルガイドやってて気付いたこと

ローカルガイドに取り組むの、面白いです。

どうやったら効率よくポイントが貯めれるか、やり始めて1週間の気付きをまとめます。

口コミ書くのは非効率

口コミ、考えて書いたところで10ポイントなので、文章考えるより写真を2枚撮るほうが早いです。

それに、きっと主観的な文章より、客観的な写真の方が情報が多い気がします。
有名人でもないただの一個人の「おいしい!」という主観的な文字情報より、一個人が撮る客観的に見てもおいしそうな写真の方が遥かに情報量多いなと。

食べ物よりも商業施設、観光地、ライブハウス

というわけで写真でポイント稼ぐのが一番早いなと思いました。

なんですが、枚数稼ぐなら食べ物屋で美味しいものを撮るより、商業施設や大きな公園、観光地とかが向いてるかなと。あと個人的にはライブハウス。
ちなみに食べ物屋のメニューはダメみたいです。
商業施設ならどんなお店があるか以外に、
  • どんな椅子があるか
  • 共用のトイレはあるのか
とか。公園なら遊具や、同じくトイレとか。どうせなら有益な情報がいいと思うし。
観光地はもちろん景色。

歩きながら写真を撮る

写真を多く撮りたいので、歩きながら撮れるほうがいいなと思いました。立ち止まるのがめんどくさい。

でもスマホのデフォルトの設定だと、歩きながら写真撮ってたらブレるんですよね。これはシャッタースピードが遅いからで、調整するかデジカメでそういう設定にします。
あとはシャッター音が鳴らないほうが気兼ねなくパシャパシャ撮れます。国内で買えるiPhoneはダメだ。うるさすぎる。

ちょうどいいカメラ

エモい写真が撮れるのでGR3を愛用しています。携帯性も半端ない。

エフェクトの中でもハイコントラスト白黒というエフェクトが気に入ってるんですが、このエフェクト、ローカルガイドでも役に立つなと思いました。
なぜなら人の顔がいい感じに滲んで、顔にモザイク掛ける必要がないから。街中で歩きながら撮ってると、人の顔が認識できるレベルで映り込むことがありますが、GR3のこのモードはいい感じに滲んでる。
色情報が欠落してるのはどうなんだという気もしますが…。笑
まあそんなときは色付きの写真にすればいいわけで。

まとめ

なんとなくコツが分かってきたので、引き続きがんばります。目指せ100,000ポインツ!