【HAKUBA】プラスシェル シティ04 メッセンジャー いいカメラバッグなのにレビューが少ないので全力で紹介する

気付けばHAKUBAの製品を結構使っていた

HAKUBAというメーカー、カメラが趣味の方はどこかしらで目にしたことがあると思います。
カメラのケースやブロワー、三脚、掃除用のレンズペン、レンズフィルターや液晶保護フィルムなど、カメラを使う上で必要なアクセサリー類を販売しているメーカーです。
実際、僕もGR3を入れるケースやX-T30の液晶保護フィルムは、気付けばHAKUBAのものでした。
特にGR3のケースの方はめちゃくちゃ便利で、
  • バッテリーやカードリーダーが入れられるサブ収納スペースがある
  • 「あ」と思ったらサッと腰からカメラを出せる速射性
がめちゃくちゃ気に入っていて、紹介してからこのブログ経由で結構売れてる印象です。
関連記事

発売日前に急に気になって調べてたら気付いたら買ってました、GR3。GR2は下取りに出して。 GRシリーズが持ついぶし銀の魅力はなんなんでしょうね…。 発売日に届くように予約したのに、登録した住所の番地がなぜか記載漏れで入ってなか[…]

関連記事

昨日の月報で一眼レフカメラX-T30を買ったことを告白しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://noeye69.com/2019/06/01/geppou-201905/] カメラって本体以[…]

X-T30を保護しつつ持ち運びたい

で、こないだ買ったX-T30持ち運ぶときに「やっぱりイージースライダー(ストラップ)だけだと不安だわ」と思ったので、X-T30を
  • 保護しつつ
  • 持ち運べる

ものを探していました。

候補に上がったのは
  • 風呂敷タイプのおくるみ的なやつ
  • クッション的なものが入った厚めのカメラバッグ
でした。
前者のメリットは安価なことですが、カメラを「出す、しまう」という機動力を考えると後者に軍配が上がるなということで、カメラバッグを探し始めました。

IncaseやPeak designは高い

好きなブロガーさんたちが使っているIncaseやPeak designのカメラバッグ、デザインや機能性含めいいのですが、いかんせん高い。平気で10,000円以上する。

LIABLIFE(リアブライフ)- ライフスタイルをHYPEなものに -

こんなバッグを探してました。 ショルダーバッグ カメラ(一眼レフサイズ)が入る カメラ関係の小物が収納可能 カメラの取り…

MACHOLOG

ちょっとしたお出かけ用に小さなバッグを買うのが好きなmacho(@Macholo […]…

HAKUBAのカメラバッグがちょうどいい

で、あれでもないこれでもないと探し続けて見つけたのが、HAKUBAのカメラバッグ、「プラスシェル シティ04 メッセンジャー Mサイズ」です。
デザインも無駄にゴチャついてないし、一見いわゆるカメラバッグに見えないのもいい。Peak designのプレーンな感じの見た目に近いのに、これで5,000円台。
「プラスシェル シティ04 メッセンジャー」の「04」はおそらく第4世代という意味で、2019年5月からAmazonで取り扱いが始まった新モデルです。2015年発売の「プラスシェル シティ03 メッセンジャー」に至ってはLサイズでも3,000円台という安さ。
「プラスシェル シティ03 メッセンジャー」はAmazonでは高評価かつ多くのレビューが投稿されているのですが、ブログでレビュー書いてる人が2,3人しかいなくて、「どうせなら新モデルでレビューしてみよう」というのも購入動機の1つです。

Mサイズが初心者の僕にちょうどいい

サイズ展開はS, M, Lの3つなんですが、僕はレンズ1本しか持ってないし、「ライブハウスや旅行での取り回しを考えるとLではデカすぎるな」と思ったので、Mサイズにしました。
実際03のレビューで「Lだとデカいと感じる人もいると思う」的なことが書かれてたし。

収納してみた

  • 財布
  • キーケース
  • 充電器諸々
  • 一眼レフカメラ(X-T30)
  • バッテリーと充電器
  • fire HD 8
です。純粋にカメラ用品しか入れないんじゃなくて、普段必要なものも入れる想定です。
開梱時は仕切りが2つ入ってて、マジックテープで壁面にくっついてます。なので、自分の好きなように仕切り位置を変えることができます。
入りました。カメラの横の充電器等を入れているスペースにレンズ1本くらい入りそうなので、今後レンズが増えた場合にはここに入れたい。
財布や予備のバッテリーは前側の2つのポケットに収納。
fire HD 8は8インチなのですが、背中側の収納スペースに入れます。内寸は横幅が24cmなので、iPad Pro(約27cm)は入らないですね。
フラップの部分にもチャックがついてて、
小物を入れるスペースがあるのも気が利いている。
横から見るとこんな感じ。カメラバッグってクッションとか入ってるからどうしてもボテッとしてしまいますね。まあしょうがない。
底面がターポリンで補強されてるのもあって自立しますね。
キャリーケースの取っ手に引っ掛けることを想定した持ち手が付いてるのもいいですね。

いいところ:フラップ上部から内部にアクセスできる

で、このバッグの一番いいところですが、フラップの上部にチャックがついてて、
マジックテープ付きフラップを開けなくてもすぐにカバン内部にアクセスできます。
マジックテープの「ベリベリっ!」って音を響かせたくない静かな場所でもカメラを取り出せるのは便利。

まとめ

この週末の京都でのバンド練習や尾道旅行にこのセットで行きましたが、ウザくないサイズ感で非常にちょうど良かったです。レンズ2本までだったら、このMサイズで十分じゃないでしょうか?

旧モデルの03はこちら。ブラックとグレーで非常に迷ったんですが、04はグレーの中の色が03の黄緑色から水色に変更されてて、「改悪だろ…」と思ったのでブラックにしました。
以上です。