iriのライブ見に行ったら終始泣いていた

iriが岡山に来るということで、ライブを見てきました。ライブが思ったより早く終わったので勢いで書いてます。

このタイミングでしかも岡山で見れたのは奇跡じゃないかと。

きっかけはYouTube

家にいるときはfire TV stickでYouTubeをダラダラ流してることが多いです。適当に流しておけば、似た感じの知らないアーティストが知れるから。

最初に聴いたのは”Wonderland”でした。

「何、この声。ヤバすぎる」と。思わず作業してる手が止まってしまって、いろいろ調べました。

最初男が歌っててMVに女性モデルが出てるパターンかと思ってたけど、MVに出てるのが本人でした。中性的な声。

で、そっから音源全部買って、毎日聴いてました。

ちょっと前から流行ってるシティ・ポップ?とかって括りになるのかもしれないけど、iriにはそういうジャンルの次元ではない何かを感じました。

僕、いいバンドとかすごいプレーヤーを見つけたら「魂を感じる」という表現をするのですが、多分それは「強烈なオリジナリティを感じる」を端的に表現したものです。iriにも魂を感じました(お前はiriの何なんだという感じで申し訳ありません)。

“Wonderland”の前の曲”Only One”(タイトルからして最高)も最高にかっこいい。サビで特に思うんだけど、なんか古き良きJ-POPと、今の新しい流れの融合を感じられて最高にちょうどいい。

歌詞の言葉選びもめちゃくちゃ刺さる

これは1個前のアルバムの”CORNER”という曲で、多分「人生の岐路」的な歌詞だと思うんですが、サビ?間奏?の「ドロドロのメイク」と「Grow, glow, make」がかかってるのかっこよすぎだろ。

他の曲ももちろん良くて、アルバム通してすんなり聴けていいな~って感じです。

ライブ当日

僕が知ってるこういう系のイベントはだいたい「YEBISU YA PRO(エビスヤプロ)」ってところで行われます。YEBISU YA PRO以外のクラブは行ったことがありません。

クラブ的なイベント大体深夜で、見たいアーティストがプレイするのは深夜3時とかだったりするイベントが多い中、このイベントは18時オープンの21時終演予定でとてもいい。

9月に田我流が来たときは一人で泥酔しすぎて田我流の記憶がサッパリありませんでした。

てかメンツ全部知ってるわけじゃないけど豪華すぎる。STUTSまで見れるとか最高かよ。

PUNPEEの時これ聴けなかったので期待が高まる。

飲めるラーメン屋「一照庵」で腹ごしらえ

成田屋で1杯飲んでから行こうと思ったら、日曜成田屋閉まってるんですね…。

関連記事

先日たなよに誘われて、成田屋に行きました。成田屋は岡山県に何店舗かあるローカルチェーンの居酒屋です。   たなよ強いから酒豪伝説必須。   たなよ「のぼる(TV school)とイオンでだ[…]

仕方がないので、飲めるラーメン屋「一照庵」へ行きました。

オシャレなカップルがいて、多分この人らもエビスヤ行くんやろなと思ってたらやっぱりいました。何なんでしょうね、服装や雰囲気でわかる感じ。

飯は普通にうまかったです。ラーメンよりも一品のほうがうまい気がする。笑

YEBISU YA PROにイン

たまに誰かいたりするんですけど、最後まで知り合いに遭遇することはありませんでした。

maco marets

前情報全く無くて初見だったのですが、普通にめっちゃよかったです。終演後CDとアナログ買いました。

TAAR

こちらも初だったのですが、トイレとコンビニに行ってたら最後の方しか見れませんでした。コンビニで電子マネー?使ったおばちゃんが会計でなんかトラブっててめちゃくちゃ待たされるという残念な感じ。

STUTS

STUTS!めっちゃよかった!!まさか歌ってる本人のPUNPEEがいないのに聴けるとは!こういう権利?ってこの界隈どうなってるんでしょうか?曲作った人がライブでやる権利あるんだろうか?

バンドだと作詞した人(≒歌ってる人)がエラい(語弊があったらすいません)みたいな風潮があるような気がするので、そこらへんどうなってるのかちょっと気になる。

iri

iriはホント最高で、僕は終始泣いていた。声を出して泣くような感じじゃなくて、気付いたらダラダラと垂れている感じ。笑

diva(歌姫)という言葉がピッタリでした。トレーナー着てるけど。笑

登場したときからお客さんが「iriちゃーん!」みたいな感じで、本人もニッコニコでほっこり。初めての岡山なのにすでに土壌が出来上がってる的な不思議な感じ。

ステージングは結構右に左に歩きまわって歌う感じで、サビでフロアにマイク向けたりとサービス多めで大満足。背も多分小さいんだけど、あんな小さな体からそんな素晴らしい歌声が出るんやと感動した。

選曲も最高で、もちろん上にあげた曲は全部やってくれるし、例えるならイースタンユースのライブみたく「聴きたい曲全部やってくれた」感があってもう大満足。

余談

あんまwikiとか見てなかったんで驚いたのですが、アンコールはアコギ1本弾き語りでした。元は大学時代、お母さんのアコギを弾き始めたのが始まりらしい。始まり意外と遅くて、今25歳だから「シンデレラストーリーだなぁ」としみじみ思いました。勝手に幼少期からの天才肌だと思ってたから。中学生の頃ボイトレはしてたらしいですが。

他にもwiki見てたら結構面白くて、弾き語りを初めたきっかけは七尾旅人と向井秀徳()らしい。向井秀徳の功績すごい。あとは孤独のグルメの松重豊(井之頭五郎の人)も「 ひと“みみ”ぼれをした 」と言っていたそうで。僕の好きな人が繋がってる。

まとめ

来年はツアーもあるみたいなので、ぜひまた行きたい!見たい!全くまとめになってませんが。笑

高松も行くのアリやな~。Dimeってライブハウスな気がするから、もしかしたらこのツアーは平和な時間に終わるやつかもしれない。最高かもしれない。

以上です。