食堂マルシンに触発されて生姜焼きとポテサラ作った

全てはここから始まりました。と言ってもついこないだですが。

京都の丸太町に行ったら食堂マルシンでランチしよう

偉大な先輩でもあり、現Back To Basicsのギターボーカルを務めるシンタロウさんが始めた「食堂マル...

豚の生姜焼きとポテサラうまかったな~と。作ります。

豚の生姜焼き

B84A0DF0-CD42-442D-AD79-EFA0EA0D00A7.jpg

豚ロースです。生姜焼きのタレが付属していますが、こんなものは使いません。タレから作って、肉をつけて一日寝かせます。

01B71DD2-8838-4141-9673-BFDC39506D65.jpg

材料は
  • 料理酒
  • みりん
  • 醤油
  • 意識高そうなはちみつ
  • しょうがチューブ
を適当に配合して、プロテインシェイカーでシェイク!自分のバンドで「再現性はどうだ?」などと歌っていますが、俺の料理に再現性はない。味見していい感じだったらオッケー。

FEFF6741-F7A8-4832-82C3-1E3EB8DA6762.jpg

次に玉ねぎを切ります。

11797AC2-A46B-4712-9E4F-02A72BDF0B63.jpg

いい感じの耐熱容器に玉ねぎを半分敷きます。耐熱容器である必要はなく、サイズがいい感じだったので。

34D8B940-5DA2-4F15-B207-CE958A912060.jpg

玉ねぎの上に肉を。

C9BF6F9B-D8F6-49C3-B903-86C5F8C9B661.jpg

さらにその上に残りの玉ねぎを乗せます。玉ねぎと豚ロースのサンドイッチや!

3FA7D1CA-221F-483B-8C4B-CFA5A5D6D975.jpg

先程調合したタレをぶっかけたところで、「もったいないから付属のタレとブレンドしてしまおう」と気が変わったので、付属のタレもかけて冷蔵庫で一晩寝かせます。

よく考えたら玉ねぎで肉を挟む必要はなかったかな。


2D496D0B-1186-4267-9FCB-71851EDFE3E9.jpg

翌日です。ごま油を垂らして焼きます。

E648D1E3-ABAE-4194-B047-B668CDF0C555.jpg

幸せの匂い。焼けたあとの写真は撮り忘れました。

ポテサラ

D9F237BD-C956-41BA-85A7-44818C57978F.jpg

とりあえずゆで卵を4つ作ります。これ便利。電子レンジでゆで卵作るやつ。ほっとけばゆで卵ができます。

F742BA0C-912B-4C35-A86F-0474794A2AF7.jpg

600Wで8分30秒で半熟でした。ちなみに4つ同時に作れるタイプもあるんですが、そっち買っとけばよかったなと少し思います。

2DE2C6A9-F0FB-482D-B8E6-911D24E1899D.jpg

電子レンジにゆで卵を作ってもらってる間に、じゃがいもを茹でます。新じゃが。ポテサラの規模感がわからないのでとりあえずじゃがいも3つ。表面の土を洗い流します。

C8DD46E5-5429-4857-BCBF-F6F23706DA9D.jpg

水から茹でます。「土の中の野菜は水から、土の上の野菜はお湯から」茹でるのが料理クラスタの常識らしいので、従いました。

687DE74E-C329-4229-8FED-4D9B355C80E1.jpg

そうこうしてたらゆで卵ができました。4つ。

818B49C0-D35E-4441-B4FA-14CA04D3579C.jpg

皮を向いて燻製します。なぜなら燻製の魅力に取り憑かれているからです。チップはいつまでたってもなくならないヒッコリー。

FE83DAED-045F-466C-A8F4-BF12C7830576.jpg

熱燻で20分くらい燻製します。

07746A6A-AF77-41B9-8539-AADC8614D31D.jpg

できました。エモい色。

C6EBE3BA-2D5F-4269-859A-B7BA0AB729D7.jpg

茹で上がったので皮を剥いてやりました。ピーラーなくてもスルスル剥ける。

828F8FAA-79B1-4612-9C3C-5D1F2BA78AEF.jpg

マッシュします。オラオラ!

15036259-B5D6-46CC-BEBE-B1A4A7B91F59.jpg

燻製ゆで卵投入!オラオラ!

C0A4D344-DD84-46B0-A14D-2C56F9FDB63F.jpg

マスタードとマヨネーズ、塩コショウも投入し、ウリウリ!

で、ここで食堂マルシンのように鰹節風味を加えたいなと思い、1袋あった鰹節を投入するも違う…。「ほんだしか!?」と思って顆粒のまま5g入れたけど違う…。「割烹白だしか!?」と思いビシャビシャと投入するも違う…。

この「違う」という違和感は、ただ単純に量が足りないのか、マスタードの洋風臭が強すぎてかき消されてるのか、結局わからず。

D78F504F-FF6E-43CD-A90F-AC134A9C47BB.jpg

気を取り直してきゅうりと、こないだのつけ麺製作で余って冷凍してたチャーシューを投入。完成!役者が揃いました。

食おう

5722FA22-18B7-40A9-8B8D-729E47BB27D1.jpg

こんな感じになりました。突如現れたおくらサラダはファミマのものです。生姜焼きの箸休めに。

ちなみにポテサラはパーティーできるくらいの量ができたので、実家におすそ分けしました。じゃがいも1個でよかったな。

食堂マルシンの味はもちろん再現できませんでしたが、1日寝かせたせいか豚生姜焼きの旨さすごかったし、燻製ゆで卵のおかげでポテサラも爆香りで、トータルで大満足。

そして、また食堂マルシンであの生姜焼き定食食べたくなりました。

以上です。



関連記事
Posted by黒本晋吾

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply