4度目の正直でやっとGoogle Adsenseの審査に通ったので、その時の状況とか

2019年07月01日
役に立ちそうなこと
eyecatch_googleadsense_1.png

通らないなら通らないでもいいかと思ってたけど、通ってみるとめちゃくちゃ嬉しい。


Google Adsenseとは?


要するにGoogleが表示する広告です。例えば自分が楽天とかAmazonで見てた商品やググったキーワードに関連するものが、ネットサーフィンしてるときに全然関係ないページで表示されるやつ。

あれはGoogleが「あなた、さっきコレ見てたでしょ?やっぱり欲しくない?」と問いかけてきてるんですね。

見てる側としては「ほっといてくれよ」って思うときもあると思うんですが、あの広告を載せるにはGoogleが「このページが有益な情報を提供していて、広告を載せる価値がある」と認めたページにしか載せられないみたいです。

これまでに3回審査に落ちてた


で、僕もブログを書いてる端くれとして、Googleに価値があると認められたかったんですが、去年から3回ほど申し込んでてことごとく落ちてました。笑

IMG-9471.jpg

「何がダメなのか」は教えてもらえません。なので、不定期に「そろそろいいのでは?」と思ったタイミングで申し込んでましたが、結構記事溜まった先月5月に申し込んだときに断られて、「もういいや…」と半ば諦めてました。

ネット上には諸説あって、「年々審査に通りづらくなってる」とか「9記事しか書いてないけど審査通った」とかあって、審査基準がよくわかりません。

で、先日のサイトデザイン変更の際にhtmlいじってて「ダメ元でもう一回申し込んでみるか」と思って申し込んだら、なんと通りました。めちゃくちゃ嬉しい。

通った時の状況とか


ブログサービス:FC2ブログPro
デザイン:alias-jane
書いた記事数:139記事
最多文字数:7,000字くらい?のこの記事
最少文字数:38字のこの記事
その他:デザイン変更でhtmlとかcssを整理した、あとタグ機能を追加した
5月に落ちたときからの大きな変化と言えば、デザインの変更に伴うhtmlとcss整理、タグ機能の追加なので、これらが効いてそうな気がしますね。

htmlやcssの整理に使ったもの:
Google-PageSpeed Insights
Google chromeプラグイン-HTMLエラーチェッカー
Dirty Markup
Google-モバイルフレンドリーテスト

まとめ


「何でこんなに継続して記事書いてるのに通らないんや!」って方は、サイトの造りを見直してみてもいいかもしれません。

以上です。

嬉しい!
関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply