GR3のレンズキャップが外れまくるから瞬間接着剤で固定した

2019年07月30日
ゆるく語る
DSCF2381.jpg

GR3、手軽でいいカメラなんですけどレンズキャップという輪っかが外れやすく、気付いたら紛失しててそのたびに2,500円かけてレンズキャップを買うのが本当に無駄なので、対策をしました。

あったほうがいいレンズキャップ

DSCF2379.jpg

レンズキャップとは名前だけで、別にレンズを守ってるわけでもない、ただの飾りです。

DSCF2370.jpg

外すとこう。マジで持ってない人にしかわからないくらい微々たる差だと思うんですが、外れてるとなんか嫌。絶対あったほうがいい。

しかしこれが「設計ミスでは?」と思うくらいめちゃくちゃ外れやすく、これまでに1回買い直しており、2,500円と高いです。

ついこないだも「…ない!」と気付いて、食事した店とか電話かけまくってたら家の防湿庫の中に落ちててホッとしたという経緯があります。

オペした

DSCF2369.jpg

アロンアルファでくっつけるという荒治療を施すことにしました。

DSCF2384.jpg

よく見ると溝が切ってあるので、斜め45°上くらいのここと、その反対側、

DSCF2386.jpg

あと下部の3溝に0.5滴くらいサッと塗って

DSCF2381.jpg

右に回してカチッと付けました。

しばらくして電源付けてもレンズはもちろん出てくるし、回しても外れないし、オペ成功かと。もうこれで失くさんぞ。

まとめ

DSCF2387.jpg

動いてよかった。

てかカメラの機能に関係ないのにマジで外れやすいからなんとかしてほしいですね。このレンズキャップで儲けとるだろRICOHさんよ。

※オペやる場合は自己責任でお願いいたします。

以上です。


関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply