ギターのシールドをKAMINARI GUITARSのK-ARシリーズに新調した

2019年08月16日
買ってよかったもの
サムネイルは今回買ったシールドのメーカーKAMINARI GUITARSのHPのトップページです。仰々しいなw


今回は長めのシールドの話です


ギタリストが使うシールドには大きく分けると
  • ギターとエフェクターまたはエフェクターとアンプを繋ぐ長めのシールド
  • エフェクター間を繋ぐ短めのパッチケーブル
の2種類がありますが、今回は前者の長めのシールドの話です。メインのシールド。

ちなみに、物心ついたとき(大学生の頃)から
  • ギター〜エフェクター間…5mくらい
  • エフェクター〜アンプ間…3mくらい
にしてます。長過ぎると音質が劣化するらしいし。

新調した理由


今まで使ってたシールドを買ってから4年経ったからです。

シールドが原因の機材トラブルって僕はほとんど経験ないんですが、だいたい5〜10年で劣化するらしいです。ネット上に諸説あるので調べていただければと思います。

そもそも断線が怖いです。我々、ライブを1〜2ヶ月に1回やってるし勢い重視のバンドなのでライブ中のトラブルは当然避けたいと思っています。ライブ見てても機材トラブルあると「もったいないな〜」と思ってしまう。

僕のシールド遍歴


最初は高校のときに買った島村楽器のHistoryのやつだったかな。大学の時最初に買ったのはProvidenceのシールドです。仙台駅前のイービーンズという商業施設に入ってる島村楽器で買った記憶があります。サークルの先輩のroomというバンドの影響です。

記憶とWeb上に残ってる購入履歴を見てみると、
  • 高校~大学初期…History
  • 大学中期…Providence
  • 大学後期…OYAIDE QAC-202 G(断線してる)
R0006488.jpg
  • 社会人初期…FISHMAN Asterope Pro Stage
R0006489.jpg

サウンドハウスの購入履歴を見るとOYAIDE QAC-202 Gを買ったのは2011年1月、東日本大震災の直前ですね。FISHMAN Asterope Pro Stageは2015年4月。買ってから4年経ってます。

シールドで重視するポイント


耳が悪いので、1,000円/mくらいするものであれば正直音質が劇的に変わるとは思っていません。重視しているのは
  • 材質が固すぎないか
  • 見た目がいい感じか
の2点のみ。

特に材質に関しては、固くていいことあるの?って思うんですがどうなんでしょう。固いシールドのメリットがわからない。ライブ中の取り回しめんどくさくない?っていう。

サウンドハウス見てたらKAMINARI GUITARSというメーカーが気になった


Ex-proとかも気になったんですが、割と最近できたKAMINARI GUITARSというメーカーが気になりました。

神奈川県のメーカーで、LOSTAGEの五味さんも使ってるみたい(何を使ってるのかは不明)。

で、よく見てみたらギターにはギター専用、ベースにはベース専用、ウクレレにはウクレレ専用のケーブルを出しているんですが、ギター専用のK-GCシリーズがこちら。

kaminariguitars_kgclsjj_la.jpg

ジャックの金色部分が気に入らない!同じ理由でモンスターケーブルも好きではありません。全体として見たときに青×黒×金って組み合わせも騒がしすぎる。

諦めかけていたその時!ギター、ベース、キーボードなど、多目的に使用できる楽器用ケーブルがありました。

kg_kar3lskk.jpg

シンプルで最高。ポチりました。

KAMINARI GUITARS K-ARシリーズを購入


R0006490.jpg

K-ARのARはAll Roundの頭文字でしょう。左が5m、右が3mです。

R0006492.jpg

R0006495.jpg

片側がL字、もう片側がストレートのタイプが好きです。

R0006493.jpg

L字の方に赤いタグで"KAMINARI"と刻印があります。黒×赤の組み合わせは1,000年前から鉄板です。

R0006494.jpg

ケーブルにはうっすらスパイラル模様が入ってます。柔らかさもいい感じ。あと今まで使ってたFISHMANのケーブルより細いです。

R0006496.jpg

気になったので重さを測ってみたところ、FISHMANが3mで280g

R0006497.jpg

KAMINARI GUITARSが同じ3mで179gで約100g、約1/3の軽量化に成功。やったぜ。

KAMINARI GUITARS K-ARシリーズの音質とか


いい感じです。以上!

…だってデカいアンプで弾いても小さいアンプで弾いてもFISHMAN Asterope Pro Stageと変わりなかったし。逆にKAMINARI GUITARS K-ARシリーズは1本5,000円前後なのに、1本1万以上もするFISHMAN Asterope Pro Stageとあんまり違いがわからないのがすごい。あとは長持ちしてくれたらいいですね。

まとめ


見た目シンプル、音もいい感じで最高です。大事に使います。


今の所サウンドハウスで買おうがAmazonで買おうが楽天で買おうが価格は同じです。というかAmazonはKAMINARI GUITARSが直接販売してますね。

以上です。
関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply