ZOZO前澤さんの一連の企画を見ていて思ったこととか

2019年01月08日
ゆるく語る

僕の父親も、東日本大震災の際に「愚息(僕)が大学時代お世話になったから」という理由だけで僕の出身大学に寄付金送ってたから、前澤さんのこの思想はすごく理解できるのですが、額も目的もデカいので単純に「すげえ」と思って見てました。桁一桁違うぞ…。

いろいろ付随して思うことが出てきたので、書いてみました。目次つけるの難しいな…。

1. リツイートしましたか?

僕はしてません。した人がいいとか悪いとかそういう話ではなく。

これは単純にZOZOで買い物をしたことがないからです。ZOZO使ってないのに、こういう時だけあやかるのなんかダサいなと思ったので。

なぜZOZOで買わないかというと、昔から通ってるセレクトショップがあって、そこの店長さんのセンスに惚れ込んでいて、その店長さんがセレクトする服を買いたいからです。

2. どんな人が当たったのか



さすがに当選者をランダムに決めないだろうなと思ってましたが、やはり選考基準みたいなものがある模様。選ぶのにめっちゃ時間かかりそう。

2個目の引用はikimasu.広島という復興支援団体に寄付される方が当選したというツイート。そうやって前澤さんだけでは手が回らなかったり思いつかないことを当選者にやってもらえるなら、価値があると思うんですよね。前澤さんが意図的に選んだ人がやるんなら、別に普通に買い物してもいいと思うし。

3. 湧いてくる批判する人たち



それをこのように批判する人たち。いやいや、燃えて消えて無くなってる訳ではないだろ。

特にこの藤田何某さんという方は、社会運動家でNPO法人を運営していて、twitter見てたらわかりますけどずーーーっとZOZOの批判をし続けている。「派遣労働者の賃上げしろ!所得の再分配をしろ!」と、もう憑りつかれたかのようにずっと言ってる。世の中にはもっと他にも批判すべき所謂"ブラック企業"があるのに、ZOZOの批判のみ。

自分のお金なんだからどんなふうに使ってもよくない?と単純に思います。

4. ZOZO田端さんvs藤田何某さん


twitter上でのやり取りを起点に、秋ごろにカンニング竹山さんの司会でZOZOでサラリーマンとして働く田端さんと藤田何某さんが「前澤社長の月旅行について」討論する番組がAbemaTVで放送されたのですが、これが本当に面白かった。

もう放送終了してるので見れないのが残念ですが、要は、

「誰にでもできる仕事は給料が上がらない。不平不満を言う前に転職するなどして自分で何とかすべき」と主張する田端さん

「お金持ってる人は派遣労働者などの時給を上げるべき」と主張する藤田何某さん

の討論なんですが、一番びっくりしたのがZOZOの派遣社員から賃上げを要求するメールをもらったと言う藤田何某さんが、その派遣社員に実際会ってないということ。メールだけかよ!っていう。準備不足にもほどがあるだろ。笑

最終的に中立な立場であるはずの司会カンニング竹山さんまで田端さん側に回ってキレはじめるという…。笑

5. その仕事選んだの自分じゃね?

僕は田端さんの主張を支持する派なんですが、昔元カノと話してた時にも同じ話をしたことがありました。

元「友達が○○の仕事してるんだけど、給料安いって嘆いてた」
僕「いや、その仕事選んだの自分じゃね?ちゃんと調べてから就職すべきだし、今の仕事がそんなに嫌ならどうにかして転職すればいいやん」
元「…ほんまや!」

本当に納得してくれたのか謎ですが。笑

まあいろんな意見があっていいと思うんですが、僕は自分で何とかすべきと思います。


今のところZOZOで買い物するつもりはありませんが、面白いので引き続き注目しています。
関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply