乗り遅れたけどGR3所感

2019年03月20日
買ってよかったもの
発売日前に急に気になって調べてたら気付いたら買ってました、GR3。GR2は下取りに出して。

GRシリーズが持ついぶし銀の魅力はなんなんでしょうね…。

発売日に届くように予約したのに、登録した住所の番地がなぜか記載漏れで入ってなかったせいで手間取って、ようやく今日受け取りました。

発売日以降、Twitterでエゴサーチしまくりましたよ。みんなもう届いてる!って。僻みました。


受け取り


たまたま今日午後休を取ってて、夕方に営業所で受け取ることができました。


刃物がなかったから、車の中で家の鍵使って開梱した直後のツイートです。

開封の儀


興奮を抑えつつ、開封の様子を雑に撮りました。

9FEBF295-A582-4505-B982-FFD6328CC45D.jpg

墨色っぽい箱です。

0B536ACD-8467-4D7D-A2BB-E66946FC8522.jpg

初回限定の青いリングです。せっかくのオールブラックが台無しになるので僕はつけません。

A999357D-3090-429A-8F94-9C9D3D943AF7.jpg

キター!!!このオシャレとは言い難い無骨な見た目!ミリタリー感!数値上小さくなっているので当然なんですが、確かにGR2よりコンパクトになった感じがします。

CE8A43B8-D201-4AD2-A223-293B3E2C95C2.jpg

裏面はこのような。液晶ディスプレイがデカくなってます。

前評判では十字キーが右肩上がりに傾いてると言われてたけど、触ったら確かに少しそんな感じになるけど僕のは割と水平で、アタリではないだろうか。

AE0EF77F-B3F4-46FA-B54B-54452776EF7F.jpg

バッテリーです。左がGR3、右がGR2の互換品です。使えるかもと思ってて取ってたけど、使えんのかい!

ちなみに、さらに悲しいことに高かったワイコン(広角レンズ)まで互換性がなくて使えないみたい。GR2と一緒に売っとけばよかった。

起動時の音がPerfumeっぽい



これ、Perfumeのコンピューターシティ故障ver. とかで鳴りそうな音では???最高。

使ってみた


早速出かけました。

R0001781.jpg

R0001784.jpg

近所の神社です。

今回タッチパネルでピントが合わせられるのがいいですね。GR2の時デフォルトの設定だとまあまあの頻度で「そうじゃねんだよ!」ってなってたのが、GR3だとあんまない。

R0001799.jpg

R0001798.jpg

ブラブラ歩いて公園に来ました。

こんな感じで、手前にピントを合わせるのか、奥にピントを合わせるのか、タッチ1つで解決できるのすごい。

R0001795.jpg

手前。

R0001796.jpg

奥。

R0001802.jpg 
おっさんがパンジーを撮りますよ!綺麗に映るな。マクロモードもいい感じです。

R0001803.jpg

脳内お花畑大学生。

R0001933.jpg

夜も徘徊してみました。近所のマンション。光加減がエモい。

R0001934.jpg

神社に通づる道。

R0001935.jpg

R0001936.jpg

神社です。左右対称なのがいい感じ。

ツマミとかがいじりやすい


他にも色々発見がありまして。

家でもちょこちょこ弄ったんですが、GR2の時に弄りにくかった(正確に言うと全く弄らなかったw)モードの切替や、シャッタースピードやf値、ISO感度がGR3だとすごく弄りやすいですね。

人のライブの写真撮った時に、ライブ中だから被写体がめちゃくちゃ動くんですが、ものすごい頻度で残像が残ってる写真ばっかりだったんですよね。いわゆるボツ。

それは僕の手ぶれじゃなくて、シャッタースピードの問題だったんだということに今更気付きました。笑

メリット・デメリット


ちょろっと使った上で、GR2と比較した上でGR3のメリットとデメリットが見えてきました。

メリット1. 圧倒的な操作しやすさ
メリット2. ダスト除去機能の追加
唯一のデメリット. 電池の消耗が激しい

メリット1. 圧倒的な操作しやすさ


GR2だとピントが合わせたいところにあんまり合わなかったんですよね。それがGR3だとタッチパネルで解決する。

あと、シャッタースピードやf値、ISO感度とかも、めちゃくちゃ弄りやすい。なんだこれは。逆に今まで弄ろうとしなかった僕も悪いんですが。

ライブ写真ももっとボツがなく撮れると思うし、こういうの弄れば撮影の幅が広がるんではないかと。

カメラに使われるんじゃなくて、僕がカメラを使いこなせるようにならないとな。

メリット2. ダスト除去機能の追加


ダスト除去機能はまだ使ってないんでなんとも言えませんが、買う前にググっててわかってたんですがGR2は構造上レンズ内(?)にゴミが入ったら修理が必要で、修理費がかかるんですよね。

だからワイコンをつけてレンズとの間の空気環境を一定に保つことでそれを防いでました。

でもワイコンつけたらめっちゃカメラが重くなるんですよね。物理的に。

そこはせっかくのGR2の持ち味である「最強のスナップシューター」とのトレードオフで、カメラを使う頻度がどうしても少なくなってしまう。GR2はせっかく軽くてサッと撮れるはずなのに。

そこはずっと「なんだかなー」と思っていましたが、GR3はダスト除去機能がある。それなら気にしなくて良いのでは?と思っています。それが今回の購入動機の最たるところかもしれません。

なんかいい写真撮れそうだな的なイベントの時にだけネックストラップつけて持ち出してましたが、今後は機動力に期待。

唯一のデメリット. 電池の消耗が激しい


これは新たに追加された手ぶれ補正機能の代償でしょう、バッテリーの消耗が激しいです。

GR2は1日くらいの撮影だったら全然持ったんですが、GR3は多分バッテリー2個必要だなと。まあしょうがないか。

ちなみに本体を振ったらカタカタ音が鳴るんですが、これは不具合ではなく、手ぶれ補正ユニットによるものだそうです。

買い足したアクセサリー


これらを踏まえた上で、アクセサリーを買い足しました。



まずバッテリーです。純正高すぎるんで、互換品で。多分イケるだろう。

機動力がアップしたことによって、今までよりもっと持ち出せるのではないか?と思っていて、これを買いました。

横に収納するタイプより、縦に収納できた方がサッと出せるのではないかと思っています。カラビナ付いてて便利そうだし。あとデザインがごちゃごちゃしてなくていい感じ。

まとめ


「おせーよ!」って感じのレビューでしたが、総じて満足しています。GR3がある生活の方が、もっと楽しくなりそう。

以上です。

関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply