今更メルカリデビューして、いらない物売った。あと写真の加工とか

完全に今更ながらメルカリ、クソ便利ですね。笑

使ってみたらめちゃ便利だった

mixiが下火になってからも、楽器関係などはmixiで売った方が高く売れると思っていたのですが、mixiは何より買いたいって人が現れてからの手間がめちゃくちゃめんどくさいんですよね。
  • 振込口座を伝えるのがめんどくさい
  • 伝票を書くのがめんどくさい
  • 送料を現金で払うのもめんどくさい
と、めんどくささしかないです。

どうせメルカリもそんな感じでしょ?って思ってたんですが、使ってみるとめちゃくちゃスムーズ。
  • 一旦売り上げはメルカリに振り込まれる
  • 伝票はQRコードで済む
  • 送料は売上から勝手に引かれるから現金で送料払う必要がない
て感じで、あるのは梱包の手間ぐらいですかね。

メルカリが仲介してくれることで手数料引かれるけど、これなら全然満足。そら流行るわと思いました。

きっと写真は綺麗な方がいい

これで終わったらただの時代に必死について行こうとしているおっさんのブログですが、そこでは終わらせません。

今回はブログで培った画像編集力が活きました。ブログでもなんでも、せっかく写真アップするなら綺麗な方がいいですよね。

僕が参考にしてる(というかパクってるw)画像編集が上手いと思う方のブログ記事を載せておきます。

【トバログ写真術】iPhone だけで上手にブツ撮りをするコツ。シンプルでクールに仕上げるテクニック

iPhone でもこんなに綺麗にブツ撮りができる。 僕はカメラのプロというわけではないのだけれど、僕のブログの記事は、ほとんど自分で撮っ...

この編集はVSCOって有料アプリ使ってるんですけど、iPhoneの編集だけでも十分な加工ができます。きっとポイントは以下5点。

iPhoneでできる加工


この画像を例に加工します。snow並みに。すっぴんもいいのは美女だけだ。加工しましょう。※これを売ったわけではありません。

IMG_4086.jpg

エフェクターをiPhoneで撮っただけの写真です。大前提として、フローリングでもなんでもいいんで、明るいところで、尚且つ背景に余計なものが写らないところで撮ったほうがいいと思います。

iPhoneだとデフォルトで暗く写るんですよね。なので、明るくして微調整します。

IMG_4510.jpg

とりあえずここをタップします。

1. 露出


露出をあげて画像を明るくします。

IMG_4501.png

これだけでかなり見栄えがよくなりました。めんどくさかったら最早これだけでもいいのでは。

2. コントラスト


コントラストをあげます。

IMG_4502.png

画像がなんとなく男らしくなりました。いい感じ。

3. 彩度


彩度もあげます。

IMG_4503.png

あんま変わらんか。笑

4. シャドウ


次にシャドウもあげます。

IMG_4504.png

影が薄くなりました。

5. ハイライト


最後に、ハイライトもあげます。

IMG_4505.png

ちょっと明るくなったけど、これも微調整か。笑

ビフォア・アフター

IMG_4086.jpg

ビフォア。

IMG_4505.jpg

アフター。

これだったら、アフターの方を買いませんか?なんとなく。

「お、写真綺麗だな。気持ちいい取引してくれそう(対応よさそう)」

って思ってもらえそうな。

waikon.png

実際売ったものの画像はこちら。前の記事で書いた、広角レンズがGR3非対応ということで「いらねー」ってなったので売りました。

乗り遅れたけどGR3所感

発売日前に急に気になって調べてたら気付いたら買ってました、GR3。GR2は下取りに出して。GRシリーズが持ついぶし銀の魅力はなんなん...


まとめ

メルカリ、手間が少なくて便利だったのと、iPhoneでいい感じの写真に加工する方法でした。

以上です。
関連記事
Posted by黒本晋吾

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply