最近の楽しいこと

2019年03月29日
ゆるく語る
割と人生楽しいと思って生きてきましたが、最近特に楽しい。

なぜ?

その理由の根っこは、大きく見たら昔から同じなのかも。

例えば音楽の話。テレビで見るライブと、実際のライブ会場で見るライブは楽しさが全然違う。

さらに、ライブ会場でも後ろの方で見るのと最前で見るのは演者の表情とか色々な情報量が全然違うから、楽しさも全然違う。

せっかく触れるなら、「近い方がいいよな」と思うんです。

「経営者ヅラ労働者」清原さんが執筆中の本を読ませていただいた

僕は別にオンラインサロンを肯定も否定もしませんが、オンラインサロン「田端大学」の塾生である清原さんが好きです。なぜなら清原さんに個としての才能をビンビン感じるから。

Twitterを実名で始めてみて3日目の感想とか

実名、最高です。以下、最高な理由を述べます。バンドマンとしての僕ではなく、「僕」として存在でき...

1月に書いた記事ですが、この記事に登場する清原さんにずっと注目していました。

簡単に紹介すると、清原さんは東大経済学部卒、在学中は自称「経営者ヅラ労働者」として、東大生がやりがちな家庭教師などの高収入なバイトをせずに、大企業であるマクドナルド、GU、ヤマトでバイトして、「自分がもしその企業の経営者なら…」という視点でブログなどでアウトプットを続けてきた方です。

僕がもっとも感銘を受けた記事がこれです。

生データと「生」のデータの違い -これからは「リアルデータアナリスト」の時代-|Takashi Kiyohara|note

こんにちは。前回の記事が田端さんのおかげもあって10,000 views を達成しました。いろんな方に読んでいただき、多くのフィードバックを…

で、素直に感動したので、「感動しました」とツイートしました。


すると奇跡的に反応していただけて、ここからDMでやりとりしました。んでそのDM内で、「今この『経営者ヅラ労働者』という視点で本を書くことになってて…」ということを教えてもらいました。

本書くってすげえ!と思って、そっからウォッチしてました。

そしたらついに草案ができたからとりあえずの数人の感想が欲しいと。読みたいです!とリプしたら、運良く草案を送っていただけました。手を上げてよかった。


で、発売日前日にフラゲしたCDを効くときに似た感覚で速攻で読ませていただいたんですが、もう脳汁ブシャーですわな。心が踊る。

余談ですが、Perfumeを好きになった時からぼんやりと思ってたんですが笑、僕は「僕が好きになった人はどんどんすごいことをやってくれるはずだ」という謎の自信がありまして、清原さんもきっとすごいことをやってくれると確信しています。すでにすごいけど。

「生の声を聞かせてください」とのことだったので、正直に感想を告げました。こっからどうなるんだろう!?!?!?

今色々発売が楽しみな本があるんですが、正直一番注目しています。

他にも同じようなことが多々ある

こないだの北九州遠征の時もそうだし、今週の京都のライブの時もワクワクしました。

View this post on Instagram

久々にこういう系統でグッと来すぎた her side 最高です

黒本晋吾さん(@noeye69)がシェアした投稿 -



他人の才能に触れる現場に近づくことって楽しい。

もちろん仕事でも同じように楽しいと感じるときがある。

みんなすげーよ!ワクワクする。ワクワクさんになっちゃうよ。

別にそれが仕事であろうが、音楽であろうが、本であろうが、何でもいい。他人の才能に触れる現場に近づきたい。これこそが最近の楽しいことだな思いました。

そしてより近くづためには、応募する、手を上げてみる、やってみるべきだなと。

以上です。
関連記事
黒本晋吾
Posted by 黒本晋吾
非鉄金属卸売業をやっている会社の常務取締役
メーカー技術職出身
Excuse To TravelのGt./Vo.
32歳
カメラ:GR3X-T30
Perfume/筋トレ/ランニング/ブログ/ローカルガイドレベル8

詳しいプロフィールはこちら。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply