「うおじま」のうな重がうまい

「う」で思い出したけど、うな重食べたくないですか?食べたいですよね?ということで食べに行ましょう!

 

 

うおじま

初回は専務のオススメでお客さんとのランチで食べに行ったんですが、衝撃的にうまかったので個人的に再訪しました。

 

場所は岡山市南区のバイパス近くの住宅街の中です。車じゃないと来れないところにあるのがアレですが、その価値が十分にあります。

 

席の写真撮り忘れましたが、入ってすぐカウンターと座敷、更に奥にもう2つ座敷があります。今回は奥の座敷でした。

  • ひつまぶし
  • 天丼
  • 牛ヒレ網焼き

などがありますが、うなぎだ、うなぎを食いに来たんだ。ということでうな重(1匹)を注文。

 

うな重

の前にサラダが出てきます。

 

ハマチのサラダです。ドレッシングがサラダにもハマチにもすごい合っててすごい。

 

しばらくすると、、、

ラスボスのうな重が出てきます。

 

いや、そんなにうな重食いまくって生きてきたわけではないですが、一口食った瞬間「これは、、、!」となるはずです。外パリパリの中フワフワです。

 

うなぎは西日本と東日本で色々と違いがあるらしく、大五うなぎ工房本店さんによると

焼き方についても地域によって違いがあります。

これはタレの違いにもよりますが、関東ではあまり煮つめないサラッとしたタレを使うため、一度素焼きにしたうなぎ(白焼)を蒸して、脂を落としてからタレに浸けて蒲焼にします。

静岡県の浜松、愛知県の豊橋あたりを境に、西では蒸しを入れません。

なるほど、外パリ中フワなのはそういうことかと。にしても、今まで食べたうな重とはちょっと次元が違いすぎる。

 

気になるお値段ですが、

  • うな重(1匹)…3,900円
  • うな重(半匹)…3,100円

と値段はそれなりにします。が、サラダもうまいし特別な日に1食入魂でブチ上がるので食べてみる価値大アリです。きっと幸せになれます。

 

場所とか

駐車場:10台くらい

Googleマップの写真見てると夜の居酒屋メニューもめちゃうまそう。高いけどw

 

以上です。